newsandactivityreport

復旧・復興へ向けての次なる一歩

*

復旧・復興へ向けての次なる一歩

拝啓

新緑の候、益々のご健勝にてお過ごしのことと存じます。
例年であれば、風薫る爽やかなこの季節に全てが輝きを放つ頃合いでは
御座いますが、
ご存じのように、平成23年3月11日に発生した東日本大震災にて東北、関東の太平洋沿岸地域は壊滅状態に瀕してしまいました。
被災地は、空襲を受けた戦場かと見間違うほどの惨状で、想像を絶した光景が未だに広がっております。
それは震災で辛くも命をつなげた被災者にとって、現実として受け止めるには、あまりにも重く辛いもので御座いました。
被災地の復旧に向け、日夜、自衛隊やボランティアをはじめとする、使命感と善意に溢れる方々のご尽力のおかげで、なんとか被災者の命をつなげるまでに到りましたが、次なる問題が浮上し、それは日々を追うごとに大きくなっております。
それは被災者の多くが仕事を失ったことで御座います。
被災者は仕事と収入を断たれ為、身動きすら取れない状況に陥っております。
職業安定所も連日、長蛇の列が見られますが、雇用の数が求職者の数に追いつかない現実が浮かび上がっており、復旧・復興へ向けての次なる一歩を踏み出すことが出来ません。
被災者の大半は、自動車なども失い、移動手段すらない状況で、職業安定所へ行くことすらできない者も多々、おります。
ですから、今回の大災害からの復興には、現地の被災者の方々だけでは、とても成し遂げられるものではございません。
国全体、国民全体での協力が不可欠となります。
被災者が復興を成し遂げるには、まず仕事を再び手にすることです。
全てを失った被災者が、今一度、仕事を手にしたならば、必ずや自立し、復興を成し遂げることでしょう。
復興には何年掛るかは分かりませんが、いつの日か、復興を成し遂げた時、日本という国家、国民は世界を代表する品格と誇りを手にすることと信じて止みません。
その為にも、各企業様には、被災者の方々の雇用を促進して頂きたく、弊社から求職者をご紹介させて頂ければと、切に願う所存で御座います。
各被災者が、それまでに得た知識と技術を活かすことができるように、できるだけ多くの企業様にご協力を頂きたいと思っております。
何卒、ご理解、ご賛同を頂き、日本再生の為にもご協力を賜りますよう、強くお願い申し上げます。
敬具
Smile Project 代表 菅原麗子 / Staff 大谷佳
株式会社ビジュファクトリー 店長 野場ともみ

 

連携団体「Going Tohoku」のご紹介

* 「お化粧の仕方」を、仮設住宅等の皆様にお配りしております。
≪PDFダウンロード(4.06MB)≫

こちらまでメールを頂ければ、避難所もしくは町単位での発送も致しますので、担当者の連絡先、住所、希望数をお知らせください。


* Going TOUHOKUが制作した
「健康ハンドブック2011」を救護所生活の皆様にお配りしております
≪PDFダウンロード(4.14MB)≫

こちらまでメールを頂ければ、避難所もしくは町単位での発送も致しますので、担当者の連絡先、住所、希望数をお知らせください。


smile_family_blog

☆現地のタイムリーなメッセージを発信☆

福島県いわき市在住 被災者であり、ボランティア活動者であるけい君のBlogはこちらから。

☆ボランティア活動者の視点から感じる事・求められる事を発信☆

福島県南相馬市ボランティア活動者のNOBI君のBlogはこちらから。

follow_me_on_twitter * * *