newsandactivityreport

5月9日(メイクの日)活動報告 担当:TAKASE

2012年も2011年に引き続きメイクの日のスマイルメイク活動を福島県で行うことになりました。
今回お伺いしたのは相馬市大野台にある仮設住宅にある集会所です。
この仮設住宅に避難されている方々は、津波の被害で避難されている方ではなく
放射能の影響で愛する故郷を離れなければならなくなった方たちです。
今回ホームページでスマイルメイク活動をさせていただく場所を募集したところ
飯館村社会福祉協議会の阿部様より
「ぜひ開催をして欲しい」
というありがたいお言葉をいただき、今回お伺いすることになりました。
今回の出発は前回と同じく大森からバスをチャーターして出発いたしました。
チャーターしたバス
震災からもう1年以上経過してもなお、復興活動が進んでおりました。
工事中の道
行く道すがら道路の工事をして、片側1車線になっている道路や
通行止めになっている道路もありました。
しかし、天候にも恵まれて、またドライバーさんの運転技術もあって
予定ピッタリの時間に現地に到着いたしました。
到着してみると、現地の社会福祉協議会の皆様に温かくお出向いしていただきました。
スタッフでセッティングを行い
今回のプログラムは第一部が
世界的で40年以上平和活動をしている 菅原やすのりさんのミニコンサート
第二部がスマイルメイクという構成でした。
実は今回開催の決定から時間も短く、参加ももちろん無料で行ったためどれくらいの人たちが集まってくれるのか心配していました。
今回お声をかけていただいた阿部様も、このようなイベントはほとんどやったことが無いという事で、
「どれくらいの人が集まっていただけるか正直蓋を開けてみないとわかりません」
との事。
今回は平日のお昼に開催ということもあり、不安でいっぱいでした。
せっかく開催するのだから、一人でも多くの方に笑顔になっていただきたいと思い、
(また来ていただいたら必ず笑顔にする自信はあります)
仮設住宅を一件、一件トントンとノックして回りお声かけをしました。
そうすると嬉しいことに
リハーサルの楽しそうな雰囲気を察していただいたのか
スタート前からたくさんの人たちが集会所の外に!
14時スタートにも関わらず、多くの方が外でスタートを今か今かとお待ちいただいている状態でした。
そして
予定通り14時のスタート
会場は心配をよそに大盛況でした。
一部は菅原やすのりさんのミニコンサート。
みなさんパチパチと手拍子をしながら一緒に歌っていただき、
そこかしこでシクシクとすすり泣く場面もあり、ゲラゲラとお腹の底から笑う場面ありでとっても皆さん大満足のコンサートでした。
そして
第二部はいよいよ皆様お待ちかねのスマイルメイクです。
普段はどうしてもおざなりになってしまうメイク
しかしメイク本来のhappy や smile にさせる効果があるといわれています。
その効果をもう一度見直していただくために行なっているスマイルメイク
みなさん最初はどうしても恥ずかしがってしまうのですが、
各メイクのスタッフと一緒におしゃべりをすることで緊張がほぐれるのか
パタパタとメイクをされるうちに本当に皆さん楽しそうな顔になっていきます。
まさにスマイルメイクです。
「最初はどうしようか迷ったけど、メイクしてもらってよかった」
「久しぶりに笑顔になれました」
「またメイクしたくなりました」
などと非常に嬉しいお声も頂きました。
また今回はNHK福島局様より取材に入っていただきました。
メイク希望者の方々のメイクも終わり、
現地のボランティアの方にもスマイルメイクを受けていただきました。
みなさんとっても綺麗になりました。
(元々のお顔立ちが綺麗なのもありますが、、、、)
最後にボランティアの方々で記念写真
イベントが終わった途端外には大粒の雨がザーッとふり出してきました。
れいかさんと、僕とやすのりさんです。
・菅原やすのりさんの活動はとても素晴らしいので、是非 HPに遊びにきてください。僕自身、やすのりさんと共に働いてきて毎日感化されています。
どしゃぶりの雨の中片付けをしていると
現地のボランティアの方から
「本当に楽しかったです。ありがとうございました。
被災者の方々だけではなく
私たちボランティアも心の底から楽しめました」
僕が、今回参加して感じたことがります。
やはりボランティアを志望されるような心の強い方々も長いボランティア活動の中で、
疲労や心労などでストレスが溜まってらっしゃるんだと感じました。
大変ですね。 と、言いましたが、みなさんも大変なんだよ。
と、恥ずかしながらも ほかのみんなに言われましたが、率直な感想です。
そして、
ザーッと降り注ぐ雨の中とっても嬉しい気持ちにさせていただきました。
帰りのバスに乗り込み、バスを出発する際にもバスが見えなくなるまで
皆様雨の中ずっと手を振り続けて頂きました。
まるで映画のワンシーンを見ているかのような気持ちにさせていただきました。
また是非お会いできればと思います。
最後に
震災から1年以上経過し震災の記事も徐々に紙面から少なくなってきております。
しかし今も現実に震災の影響で苦しんでおられる方がいらっしゃいます。
皆様のほんのちょっとの行動が誰かの役に立つかもしれません。
ほんのちょっとの行動始めてみませんか?僕は男ですが、見ていてきっと役にたつと思いました。メイクはすごいです。
きっと来年から 来月から 来週から 明日から 今日から
今から始められることがあるはずです。
僕や、このメンバーのみんなと共に。
希望が見える。
と心より思うので、みんなで共にメイクで輝きませんか?
みなさんもいかかですか? 色々できるものなんです。躊躇せずに共にはじめましょう!チャリティーイベントは笑顔の発信源。
余談ですが、僕はアートが大好きです!今回はパレットもなにももっていけませんでしたが
次回メイクはあまり興味が男だからか意欲的にチャレンジしたいけど出来ないので色々と、
メイクに劣らず、アートの力で似顔絵描いたり
笑える
空間を 一緒に僕と、やすのりさんとうみだしましょう!

●地球歌の日Facebookページ
https://www.facebook.com/earthsongday
●札幌ドラマシティーFM
「MARUの時間」内で
毎週土曜日18時45分から菅原やすのり電話出演中!
インターネットでもお聴き頂けます。
http://www.simulradio.jp/います。>

連携団体「Going Tohoku」のご紹介

* 「お化粧の仕方」を、仮設住宅等の皆様にお配りしております。
≪PDFダウンロード(4.06MB)≫

こちらまでメールを頂ければ、避難所もしくは町単位での発送も致しますので、担当者の連絡先、住所、希望数をお知らせください。


* Going TOUHOKUが制作した
「健康ハンドブック2011」を救護所生活の皆様にお配りしております
≪PDFダウンロード(4.14MB)≫

こちらまでメールを頂ければ、避難所もしくは町単位での発送も致しますので、担当者の連絡先、住所、希望数をお知らせください。


smile_family_blog

☆現地のタイムリーなメッセージを発信☆

福島県いわき市在住 被災者であり、ボランティア活動者であるけい君のBlogはこちらから。

☆ボランティア活動者の視点から感じる事・求められる事を発信☆

福島県南相馬市ボランティア活動者のNOBI君のBlogはこちらから。

follow_me_on_twitter * * *