newsandactivityreport

【Smile win-win Project】★記事の作成、コラム執筆のお仕事の募集内容★

 

<About SMILE WIN-WIN PLOJECT>

★記事の作成、コラム執筆のお仕事の募集内容★

NGOの公式HPに掲載する記事・コラム・案内告知更新執筆。

  • タイトル12文字程度。
  • 内容、500文字以上。

<1つの記事で被災者及または、被災地の方は2500円。 非被災者の方は500。

テーマ2のメイクの記事更新は、一律500円となります。文字数は更新依頼は500字程度となります。>

2つ依頼引き受けも可能です。

テーマ1 【(福島)震災から1年半経過した今。】

NGO★Smile Project ~Action for Fukushima~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テーマ2【メイクを通じて笑顔を生むということ。ご年配の方へのメイクのHow to お勧め法などなど。】

NGO★日本スマイルメイク協会

 

<記事・コラムのトピックス>

震災から1年半。福島県の被災地への想い、エール。非被災地のエリアの方も、被災地の方も、感じること、忘れ去ってはいけないということや、実際に経験、活動したことなど、実体験でも、考え、感覚

また、

義捐金保障も限られている中、失業中の方も多いのも現実です。

緊急時の震災当時の支援物資ではなく、日常に置いて不可欠な消耗品などの支援物資の募集及び、

現地の皆様からの希望フォームへの文面作成更新の継続型の更新のお仕事は、不定期ですが、アウトソーシングで

・福島被災地の方 1つの300字ー700字更新 2300円。・非被災地の方一律500円となっております。>

※更新以外の内容においては、基本細かい指定はありません。

<ご年配の方が増え、老人ホーム、福祉施設において、メイクやおしゃれとは遠のきがちになっていくことが実際にあります。

メイクをかつてはしていたけど、人に会ったり、おでかけの回数が減っていく内に、
どことなく遠のいてしまうそうで。
実際に米国ではメイクセラピーもあり、
日本スマイルメイク協会もメイクを実施することにより、ただ、外見だけ美しく!ということより、
お話たり、メイクを楽しみ触れ合うことにより、互いに笑顔もまた表情も明るく、ハツラツになります。
そして、かつての乙女心、恥ずかしいわー♪といいつつ、
嬉しげに鏡を見つめたり。 内面からの嬉しさ、楽しさが、本来の美しさ、かわいらしさ、
をより一層メイクを通じ、また会話や談笑、触れ合いを通じ、メイクしに行くメンバーも、また、
施設にてメイクを希望、実施なされた方も、笑顔の連鎖。Happy連鎖。
を私自身実施して感じます。高齢者の方々が近年急増しております。
簡単なメイク法や、メイク、美容関連をご希望の施設へ、またそれらを贈りたいみなさまへの呼びかけ、ご案内の記事更新等。
※その際はこちらとやりとりを1、2回して、リライトして頂き入稿となります。>

 

<注>

  • 完全オリジナルの記事を作成して下さい。
  • ウェブ上に存在する文章は使用しないでください。チェックさせていただきます。
  • コピー文章の使用や、あまりにも内容が薄い、文章がおかしいなどは拒否させていただきます。
  • 承認された記事の著作権は当方に帰属しますので、記事の再利用はできません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓執筆プレビュー↓

■タイトル : 12文字以上

 

■本文 : 500文字以上

※読みやすく、必ず改行して下さいませ。

 

お問合せ先 (Eメール):win-win@smile-making.com
お問い合わせ窓口・サポート:NGO Smile Project

NGO Smile Project 東京支部代表 菅原麗子 / 福島県支部代表大谷 佳/沖縄県支部代表 座波拓也


株式会社ビジュファクトリー
:渡邊雅子NGO日本スマイルメイク協会 :菅原麗子

 

連携団体「Going Tohoku」のご紹介

* 「お化粧の仕方」を、仮設住宅等の皆様にお配りしております。
≪PDFダウンロード(4.06MB)≫

こちらまでメールを頂ければ、避難所もしくは町単位での発送も致しますので、担当者の連絡先、住所、希望数をお知らせください。


* Going TOUHOKUが制作した
「健康ハンドブック2011」を救護所生活の皆様にお配りしております
≪PDFダウンロード(4.14MB)≫

こちらまでメールを頂ければ、避難所もしくは町単位での発送も致しますので、担当者の連絡先、住所、希望数をお知らせください。


smile_family_blog

☆現地のタイムリーなメッセージを発信☆

福島県いわき市在住 被災者であり、ボランティア活動者であるけい君のBlogはこちらから。

☆ボランティア活動者の視点から感じる事・求められる事を発信☆

福島県南相馬市ボランティア活動者のNOBI君のBlogはこちらから。

follow_me_on_twitter * * *