newsandactivityreport

「1ミリシーベルトの約束」署名キャンペーンが始まりました☆

昨日から「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」「1ミリシーベルトの約束」という素敵なネーミングの署名キャンペーンをはじめています。当NGOでも、こちらを応援し、みなさまに広く署名を働きかけて行きたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします☆

根本復興大臣: 年間1ミリシーベルト以上の追加被ばくを受ける人、および、その地域には国が支援をしてください。

*以下「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」よりメッセージを転載します*

オリンピック開催が決まった今、被ばく対策も<世界基準>でお願いします。

日本政府が準拠しているICRP勧告では、自然放射線に加えて、人工放射線による追加被ばくの限度としているのが、年間「1ミリシーベルト」

チェルノブイリ事故後につくられた法律でも、1ミリシーベルト以上の地域は「移住の権利区域」と呼ばれ、国の支援のもとに移住できることになりました。

ところが、

今、日本では年間「1ミリシーベルト」の基準を大きく超えたままの地域にも子どもたちが

暮らしています。

今いちど「1ミリシーベルトの約束」を国に求めていきます。

オリンピック開催が決まった今だからこそ、

「年間1ミリシーベルト以上の追加被ばくを受ける人、

および、その地域には国が支援をしてください。」




署名をお願いします。

☆署名はこちらから☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

一人・一人のアクションで大きなアクションへ

 

 

 

 

ーママの愛は世界を変えるー

 

連携団体「Going Tohoku」のご紹介

* 「お化粧の仕方」を、仮設住宅等の皆様にお配りしております。
≪PDFダウンロード(4.06MB)≫

こちらまでメールを頂ければ、避難所もしくは町単位での発送も致しますので、担当者の連絡先、住所、希望数をお知らせください。


* Going TOUHOKUが制作した
「健康ハンドブック2011」を救護所生活の皆様にお配りしております
≪PDFダウンロード(4.14MB)≫

こちらまでメールを頂ければ、避難所もしくは町単位での発送も致しますので、担当者の連絡先、住所、希望数をお知らせください。


smile_family_blog

☆現地のタイムリーなメッセージを発信☆

福島県いわき市在住 被災者であり、ボランティア活動者であるけい君のBlogはこちらから。

☆ボランティア活動者の視点から感じる事・求められる事を発信☆

福島県南相馬市ボランティア活動者のNOBI君のBlogはこちらから。

follow_me_on_twitter * * *