newsandactivityreport

南相馬市の近況

Smile Project関係者各位様。
大変お世話になっております。

避難所慰問の際には心温まる歌やヘヤメイク、

フェイスメイクのサービスを頂き、

そして大変高価なお土産まで頂戴し本当にありがとうございました。

避難所の職員の方が、「皆んな、とっても良かったって言ってたよ」と話してくれました。

我が家でも家族全員、麗子さんオリジナルの化粧水に癒されています。

私も、肌身離さず、麗子さんが手作りして下さったパワーストーンジュエリーを

身に付け麗子さんに守られているような気がいたします。

南相馬市近況ですが、市内には避難所5箇所

約470人位がまだ避難所生活しています。

仮設住宅入居始まりましたが、

1次入居550戸・・・・

原子力発電所事故については、

市街地放射線量

0.5から0.7位

推移しているものの、

山間部3点のところもあり、

まだまだ収束の見通しが立っていない状況です。

原町区内は、20kmから30km緊急時避難準備区域位置づけられており、

相変わらず学校再開ダメ

仮設住宅建設ダメ

入院患者ダメ


拘束されている状況です。

買い物情報では、大きなスーパーも開いており、商店街は大分戻ってきて店を開けております。

ただ、

ったも多く、

復旧復興はもちろんのこと雇用確保課題となっています。

今までは3日に1度市役所に泊まっていましたが、

6月からは1週間に1度泊まることになりました。

休みは1週間に1度です。

まだまだ災害対策に負われている毎日です。

明日、南相馬市では第2回目となる20km圏内(警戒区域)の一時立入りです。

今回は7日、8日の2日間で320人が一時帰宅の予定です。

私も案内役で20kmの圏内に立入りします。

以上、近況をお知らせしました。

今度、警戒区域の中の様子をお伝えしますね。

お父様、お母様、そして仲間の皆さんにもよろしくお伝えください。

ps.今日麗子さんの事務所の渡部さんからお電話をいただきました。

お菓子を送りたいとの連絡でしたが、支援物資については、

今後配布しないことで決めましたので、

折角のお話でしたが、失礼ながらお断りをさせていただきました。

いつもご配慮をいただきありがとうございました。

南相馬市市民生活部防災安全課
生活安全係 斉藤 弘

連携団体「Going Tohoku」のご紹介

* 「お化粧の仕方」を、仮設住宅等の皆様にお配りしております。
≪PDFダウンロード(4.06MB)≫

こちらまでメールを頂ければ、避難所もしくは町単位での発送も致しますので、担当者の連絡先、住所、希望数をお知らせください。


* Going TOUHOKUが制作した
「健康ハンドブック2011」を救護所生活の皆様にお配りしております
≪PDFダウンロード(4.14MB)≫

こちらまでメールを頂ければ、避難所もしくは町単位での発送も致しますので、担当者の連絡先、住所、希望数をお知らせください。


smile_family_blog

☆現地のタイムリーなメッセージを発信☆

福島県いわき市在住 被災者であり、ボランティア活動者であるけい君のBlogはこちらから。

☆ボランティア活動者の視点から感じる事・求められる事を発信☆

福島県南相馬市ボランティア活動者のNOBI君のBlogはこちらから。

follow_me_on_twitter * * *