newsandactivityreport

笑顔と優しさは国境を超える

福島県の郡山市にあるビックパレットへ支援活動へ行ってまいりました。

ビックパレットは以前、下記の2つの連携ボランティア団体、

でも支援活動をさせて頂いた避難所のひとつです。

工場長 菅原麗子 の4L Blog

蝶々Smile Project 蝶々

・~Action for Fukushima~・

工場長 菅原麗子 の4L Blog

蝶日本スマイルメイク協会蝶

今回は、私自身、Smile Project福島支部代表・Smile Project公式HPの管理人として、

再び、

ビックパレットふくしまさんを訪れ現状を把握し

また少しでも何か代表として、同じ被災者として、ご協力をしたい!!!

と、今回 僕が企画しました。

ビックパレットふくしまさんでは、

現在1000人避難者が生活をしています。

(※以前の書いたレポートですので、現在は避難所としては、閉鎖されています。)

なんとか、

被災者の方々の気晴らしのひとつにでもなれれば……

という想いで臨みました。

  丸丸今回のSmile Project’sAction丸丸

かつて多くのベトナム人が日本へ留学していた時、

大変、日本人にお世話になったので、

               今こそ その恩返しをしたい……

という僕の心からの気持ちから始まりました。

○日本で活躍するベトナム人の社会人○

○福島県に留学しているベトナム人学生○

         そして

○ベトナムにある日本語学校のスタッフ○

         そして

○FSGカレッジリーグ専門学校のスタッフと学生の皆さん○

         そして

○色々なベトナムとの交流を持つ団体の皆さん○

このスマイルプロジェクトに賛同し、協力をして下さいました。

+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:+゜:..*.;+゜:..*.;+゜

本当に、感謝の気持ち、嬉しさで胸が一杯です。

本当に、皆様有難うございました!

+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:+゜:..*.;+゜:..*.;+゜

私は以前、ベトナムの『さくら日本語学校』で教師として働いていた事があるので、

そのご縁でご協力をさせて頂きました。

↓画像が『さくら日本語学校のスタッフの皆さんです↓

  ・━─━─活動内容━─━・・

   ベトナム料理を目の前で作って、被災者の方々に召しあがって頂いたり、

   ベトナム人の子供たちの手作りのお土産などを差し上げたりと、

         会場は終始、人ごみで溢れておりました。    

  ・・・

さて、

今回の支援活動で ベトナム人の姿を見て、確信したことがあります。

それは

笑顔と優しさは国境を超える

ということです。

ということです。

どこの国でも、どんな文化の中でも、

笑顔は世界の共通語

なのだということです。

ベトナム人の笑顔と優しさに触れた僕は、震災後の辛い毎日の中で

心をほがらかに、笑顔の連鎖となる素敵な一日となりました。

Smile Project、日本国内の

丸福島にいる僕やその他の、Smile Familyのみなさん丸

そして、

丸都内のSmile Familyのみなさん丸

そして、

○全国各地から、繋がりを、Smile Projectを通じて震災後

まだお会いしたこともないけど、

とても協力しあって、Smile Project支援活動をずっと継続して

サポート、応援して下さっているSmile Familyのみなさん○

生まれた場所や、環境、性格・・

異なりますが、向けている心は1つであり、一緒であり

(とても、勝手ながら麗子さんと僕は みなさんと出会えた喜び・・

 共に、アクションを継続出来るみなさんからのサポートへの感謝の気持ち・・

そんな、嬉しさ・喜びで、みなさまの事をFamilyと会話の中で使っています。)

以前、イギリスのFamilyの方から、支援物資となるタオルを、

ビックパレットふくしまに、Smile Projectを通じて、

メールでイギリス・僕がいるいわき市でやりとりし、

東京の麗子さんも先方とのやりとりに加わったり・・

国や、国境は 全く関係なく 無事タオルを届ける事が出来ました。

僕は、深く思い、感じています。

【Smile Projectの今後のアクションは

国内だけではく世界を繋ぐ架け橋を担う時代を迎えようとしている。】

連携団体「Going Tohoku」のご紹介

* 「お化粧の仕方」を、仮設住宅等の皆様にお配りしております。
≪PDFダウンロード(4.06MB)≫

こちらまでメールを頂ければ、避難所もしくは町単位での発送も致しますので、担当者の連絡先、住所、希望数をお知らせください。


* Going TOUHOKUが制作した
「健康ハンドブック2011」を救護所生活の皆様にお配りしております
≪PDFダウンロード(4.14MB)≫

こちらまでメールを頂ければ、避難所もしくは町単位での発送も致しますので、担当者の連絡先、住所、希望数をお知らせください。


smile_family_blog

☆現地のタイムリーなメッセージを発信☆

福島県いわき市在住 被災者であり、ボランティア活動者であるけい君のBlogはこちらから。

☆ボランティア活動者の視点から感じる事・求められる事を発信☆

福島県南相馬市ボランティア活動者のNOBI君のBlogはこちらから。

follow_me_on_twitter * * *